2018年02月01日

amzonは好きでないけど、Kindle端末 が便利!

昔、山奥の工事現場に出張したとき、夜が暇で、
本読みて〜と思ったことが何度もある。
特に、2巻とか読み終えて、3巻が読みたくて仕方なかったり!

ゼネコンではiPadでメールを読むのがはやりで、いつでも
どこでもiPadを携帯しなければいけない。マスト!
だいぶ前に、こっそりamazonの読書ソフトKindleを入れてから、
いつでもどこでも、ネットから本を買って読むことが出来るようになった。

緊急の時だけ、iPodアプリのKindleで本を読むことが多かった。
山の中とか、本屋がないところね....
何故、緊急時かと言えば、やっぱりホントの本の方が読みやすい。
特に老眼には、紙のページが目に優しい。

ところがである。
ある書店で目にしたのが、ペーパー液晶端末『Kindle』の驚くほどの
読みやすさ!軽さ!小ささ(16×11.5cm)!160g!で、即購入。
以来、amazonで本を購入して、Kindle で読む生活。快適!

kindle.jpg
新品で8000円くらいか?本好きには、その価値あり!

ペーパー液晶端末『Kindle』の良いところ:
・どんな厚い本でも、Kindle に入ってしまう。
・何パーセント読んだのかいつも教えてくれる。
・読みやすいペーパー液晶。
・本屋で買うより、20%くらい安く買える。

ペーパー液晶端末『Kindle』の悪いところ:
・図書館にある本もついamazonで買ってしまう。(面倒くさいし)
・最新刊では、kindleにない本が多い。
・お古の本を息子に回せないし、ブックオフで売れない!

Kindle、鞄に常備してるくらい便利。
これまでは日系の楽天とかYahooを優先しようと思っていたけど、
ここまで便利になると、amazonが嫌いとか関係ない。
それほどの優れもの!
posted by リンケン at 23:06| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

社畜!感染する!

日頃の働き方から、ヌンキキからは『社畜』呼ばわりされている。
年に一度、来年の事業所予算を重役に説明しなくてはならいの
だけど、それが、今週の月曜だった。
ところが、月曜の朝、起きると、のどが痛い。熱は37.2度。
ひょっとして、インフルエンザか?
会社の皆にうつしてはいけないので、出社前に、マスクをして、
会社側のクリニックでインフルの検査をしてもらう。
結果は『陰性』。

『お〜セーフ!』。
マスクをはずして、重役説明が何事もなく終了。
その夕方、熱っぽい。体温を測ると、37.8度!
周りの皆から、早く帰れ!コール。でも、ただの風邪だもんね!

その夜は流れるように寝汗が出た。
翌火曜日、体温は37.1度まで下がった。
ほ〜らね、風邪だったでしょ。念のためにクリニックへ。
インフルの検査をしてもらうと、なんと!B型インフルの陽性。
うそでしょ!?
昨日調べた時は、体温が低くてウィルスが見つからなかったらしい。
調べるのが早すぎたみたい。
こんなこともあるんですね。
会社に報告すると、熱が下がって2日間は出社禁止とのこと、.
仕事をお願いすると、皆、ゆっくり休んでいい!と優しい。

futonn.jpg
ちょっとした時間に使ったアイリスオーヤマの布団乾燥機!
湿った布団がカラっとして最高!

以来、熱が上がり、3日間、寝たり起きたり、休んでいた。
節々が痛かったけど、こんなに寝ていていいのかと言うくらい寝た。
寝汗がすごくて、布団乾燥機で布団を乾かして、暖かい布団に入り、
また熟睡を繰り返した。

本日、木曜日、ようやく平熱に!
皆、ありがとう。ヌンキキもね。
インフルで体はつらかったけど、久々にゆっくり寝ることができて
とても幸せだった。
posted by リンケン at 21:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月13日

『騎士団長殺し』最高でした!

今回の正月休みは、何年ぶりというくらい長かった。
2週間近いお休みをいただき、本を読む予定だった。
選んだのが、村上春樹の『騎士団長殺し』上下2巻。

kisidannchou.jpg
見たことも聞いたこともないくらい面白い!


いくつかのウェブの書評を目にすると、退屈なのと高評価なのとに分かれる。
前作『1Q84』が最高点に近く面白かったので、時間もあって期待大だった。
読み始めると、中年おじさんのお話で退屈。
上巻の1/2間で読み進めるのに、1週間かかってしまう。
もうやめようかと思っていたら、イデアが登場して、
思いっきり、没入してしまう。
メタファが出てくる後編も面白いじゃん!
スイッチが入ると、次から次へと物語は展開する。
まりえちゃんがでてきた時点で、おもしろさがピーク!
とまらなくなってしまう。

不思議な書き方の小説。
上巻の1/2で、すべての事象が説明されて、以後は後追い。
いくつかの伏線がそのままで、また不思議。
続編が出るとの噂もネットに転がっている。
大好きな作家、篠田節子や池井戸潤には書けない小説。
ノーベル賞作家後方に上がるのもうなずける。

karasu.jpg
烏も最高に手に汗握ります!


2017の最高傑作は田大介の『図書館の魔女 烏の伝言』に
決めていたのだけど、2017の最高傑作は、『騎士団長殺し』に決定。
今年もよろしくお願いします。
posted by リンケン at 01:15| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする