2016年04月29日

電子タバコ始めた(その4) 君の評価はがくんと下がったゾ!

先日、新歓コンパで『俺ちょっと吸ってくる』というと
知財関係の大先輩が、「君、タバコまた始めたの?」ときた。
「タールも入っていない電子タバコですから...」といっても納得しない。
喫煙していた奥様が肺がんで亡くなった大先輩。
電子タバコ、害がないって説明してもダメ。
「君の評価はがくんと落ちた」と言われてしまう。まっいいけど....

DN01.jpg
選択肢ホンダDN-01!でも栃木で買えるのは赤か白、黒は新宮のみ?

最近は、新幹線でも電車でも電子タバコVAPEの研究にかかりっきり。
本当に奥深くて面白い。
例えば、噴霧器(アトマイザー)を暖める電池(MOD)。
これを替えると味が変わる。電池の強さでも....
18650リチウムイオン電池とかの仕様を知ったのもはじめて。
不思議だけど面白い!

噴霧器(アトマイザー)もすでに3つ。
温度制御、電圧制御、大電力、これでも味が変わる。
今は、Aspireのnatulus Mini に夢中。今のとこ、これがBest。

それからニコチン。
今は2mg/mlのリキッドを使っている。
ちょっとクラクラするけど、濃いのか薄いのかわからない。
職場ではバカ高いマルボロの「アイコス」がはやりだけど、ニコチン入りリキッドを
輸入すれば、一月のタバコ代は5千円程度(2mg/ml)。今は違法じゃない。

人って考えられることが凄いって思う。
タバコだからだめ!ではなく、何が体に悪いのか?
思考を停止せず、新しいことを創る人は現状の、その裏を考えるべきだと思う。
・タールなし!
・安い!
・におい残らない!
って、考えてみる価値はない?考えなくなったら...それは老人らしい...?



posted by リンケン at 00:55| Comment(0) | 電子タバコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月28日

自分の体で実験?最強の食事で痩せる!

先週のこと。
会社女子が集まってダイエット話をしてたのを小耳に挟む。
「俺、朝バター入りのコーヒーを飲んでいたら、2ヶ月で4kg痩せたんだ!」と、
宣戦布告!
「そういえば痩せましたよね〜」と言われる。

Vulcan1500Drifterc.jpg
揺れる心かたむくバルカンドリフター1500

それから3週間。仕事の合間に、
「私たちあれから3週間、朝はバターコーヒーだけにしているんですけど
体重が変わらないんです!」と言われた。
えぇ〜ウソでしょうって思った。
あのとき、自分はバターコーヒーで痩せたんだと思ってた。

朝ご飯をバターコーヒーだけで済ますことで、19時の晩ご飯から昼12時まで絶食して、
痩せたんだって信じていた。
そういえば、ここ1ヶ月、朝のバターコーヒー以外、昼と夜をフツーにしてたら、
体重は減らず現状維持だった。

そこで実験。
昼と夜も白めし、パン、果物だいたい抜きにすると、4日でさらに1kg減った。
そうか、朝のバターコーヒーと軽い糖質抜きで体重が減ったのだ。
この実験結果を会社女子に報告すると、
「そうだったんですか?糖質も抜くんですか?」
(「お前ら貸した本『最強の食事』、読んでないな?」)
「それ実行します。でも、連休中はおいしいもの食べたいし、連休終わってから始めます」
とのこと。
そうだよね!おいしいもの食べる機会って逃しちゃだめだよね!
がんばれ会社女子!

posted by リンケン at 21:16| Comment(0) | バターコーヒーダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月24日

神の水 パオロ・バチガルビの新作 近未来を空想する一日

パオロ・バチガルビ あの「ねじまき少女」の新作だ。
「第六ポンプ」といい「ねじまき少女」もそう、バチガルビの未来は資源がなくなり、
文明が崩壊しつつある世界。どの話も共通している。
3人の主人公が交差するまでは、やはり少し読みにくいところも...

バチカルビ.jpg
バチガルビってシリアなんかの人かと思ってたら、生粋のアメリカ人で驚き!

今回もバチガルビ・ワールドは今からでも本当は予測できる温暖化で水不足のアメリカ。
今回は水が枯渇したラスベガスとネバダ、カリフォルニアの水道局の話。
あの水道局でも、今回の水道局は、互いを潰すために破壊工作を繰り返す。
破壊工作を行うのが原作名の「The Water Knife(日本語で水工作員)」。

水工作員の(007みたいな)こわもてのアングル。美人ルポライターのルーシー。
可憐な水売り少女マリア。
この中でマリアの生活が一番絶望的。暴力に支配される世界の弱者。
そんな中でも、けなげに生き抜こうとするマリアがどうなるのか知りたいというのが
ページをめくる原動力。どうか幸せになって欲しい!
読む方はマリアを見守る「トゥーミー」じいさんと同じ視線になる。
でもこんな世界ってアフリカなんかにはあるんだろうって思う。

kaminomizu.jpg  dairokupomp.jpg
バチガルビ・ワールド炸裂!!!「ねじ巻き少女」もね!

今回は最後に2転して、結末が思わぬ方向へ。
ひょっとして、次作ではマリアが変わるのでは?
そうだったら読んでみたい。この先の未来を?
バチガルビが描く未来はどこでも暴力が支配する。
でも、日本はきっとそうはならんぞって信じている。


posted by リンケン at 21:00| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする