2017年01月29日

カズオ・イシグロ『私を離さないで』

ある雑誌で、大好きな桐野夏生先生が、

『私を離さないで』が大好きで何度も読み返したとあった

そんなに面白いのなら、と手に取った。

小学校くらいの学園もので、ふ〜んと読み進むと、

子どのたちの話ばかりで親は出てこない。全寮制か?

と思いつつ、読み進むと奇妙な子供たちの日常が

だんだん姿を見せて、現れた異様な世界に愕然。


nlmg0.jpg

2005年の小説で当然、図書館にあった


英国の文学賞『ブッカー賞』を獲った作家らしいけど

はずかしながら、カズオ・イシグロを読んだのは初めて。

ネットでは村上春樹と比べられているが、どちらも凄い想像力。

二つ月がある『1983』の世界も面白かったけど、

リアルで残忍なへールシャム施設の世界にも、のめり込んでしまう。

最後に明らかになる『展覧会』の意味には愕然とした。


私たちの日々の会話も、ほとんど意識しないものの、

『怒ってそう』とか『それは嘘』とか細かい感情の流れがある。

この作品では、人との会話のなかでの、わずかな表情や仕草、

小さな嘘が混じることに凄く敏感に描写されていて、新鮮だった。


nlmg.jpg

観たい!2時間で収まるのかが疑問

nlmgj.jpg

原作は人間の定義のような気がするけど...


小説が凄く良かったので、この作品なら、映画でもドラマにもなるよな。

って思っていたら、もうすでに、映画も日本のドラマにもなっていた。

映画の方は『ドライヴ』に出ていたかわいらしい女優さんが主人公。

TBSのドラマでは綾瀬はるかが主人公だった。

CSで観たけど、ただの暗い恋愛ドラマになっていて、残念。

posted by リンケン at 08:36| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月28日

老害、建設現場に出る

最近の建設ブームで人手が足りず、とうとううちの事務所まで

現場応援の声がかかった。

一番暇そうとばれたのか、3月までの3ヶ月だけですからと

所長に頼まれて、今、千葉房総で勤務している。

さすがに構築物の現場は無理と分かったのか、

例の施工不良を修繕するための実験工事の担当になった。


ゆで落花生.jpg

教えて欲しい『ゆで落花生』以外の千葉のお土産


20数年ぶりに現場に出ると、まぁ書類の多いこと。

今回、だまされたと思った国○省は、疑り深く、

現場にドライブレコーダーみたいのつけて作業を監視したり、

土質試験も、ビデオ撮影したりで、まるで過剰反応?


先日、国○省のえらい方と進行中の実験工事の話をした。

えらい人いわく、実験工事とはいえ最低限のチェックは必要と思うとのこと。

ところが、この一言が何段もの階層を降りて現場にくると、

いつの間にか第三者機関による完全記録になっている。


しかも、工期が間に合わず、四苦八苦しているのに、

第三者機関が決まらないから、決まるまで実験工事を止めろとのこと。

さすがに困って、えらい人にメールした。

『監督機関が決まらなくて工事止まってますが、本当にいいんですか?』

『えぇ〜そんなことになってんの?すぐ進めるように指示します!』

このえらい人、実は高校の同窓で、個人的にメールを出せた。


今回、たまたま裏ルートがあったので、事なきを得たけど、

現場業務では、理不尽な要求に耐えなくてはいけないことも

多いのだろうなと、改めて感じた。


事務所の仕事とは違い、現場の仕事は日々予定が変わる。

仕様が変わったり、日程が変わったり、ジェットコースターのよう。

ヌンキキからはあんたなんて現場じゃ老害じゃないの?

って言われるけど、毎日、充実して過ごしている。

それに、夜は−10度と殺人的な寒さの那須と比べて、
千葉房総は暖かいのがGOOD!


posted by リンケン at 21:49| Comment(0) | 地盤品質判定士 お受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月15日

正月、一家で『メイズランナー』にはまる

それは大晦日のこと。

高圧ジェットを使った外壁の大掃除も終わって、

そばまでWOWOW録画した映画でも観よう!

と思って、見始めたのが『メイズランナー』

迷路を走る人のことらしい。


メイズランナー.jpg
至福の2時間になります

少年たちが暮らす農場は周りを迷路で囲まれている。

朝は迷路の入り口が開き、夜は閉じられて、迷路が変えられる。

なぜ?いったいどういう理由?あの『LOST』を思い出す。


と言うわけで、見始めると数々の謎にのめり込んでいく。

気がついたら、そばの時間が近いのに、『メイズランナー2』を

再生してしまう。

大晦日の忙しい時に4時間もTVの前で動かなかったので、

それはもう罵詈雑言をヌンキキと娘からいただいた。

いやぁ〜それにしても面白かった。


『LOST』はシーズン4くらいまであり、謎が多すぎで発散したけど、

メイズランナーは4時間でしっかり、謎が解ける。

壁で囲まれた農園から出ようとしない、すなわち現況を受け入れ、

脱出を阻む少年も出てくるのだけど、実はちょっと自分みたいだと思った。


映画なりの、多少都合の良いお話もあるのは認めるけど、

映画に4時間ものめり込むのは最近では珍しい。

正月にヌンキキと娘と観たら、やっぱり二人とものめり込んだ。


minnho.jpg
みんな絶対好きになる『ミンホ』

主人公役の青年がけがをして、制作が1年ほど遅れ、

『メイズランナー3』の公開が来年になるそうな。

公開されたら、3人で観に行く予定。

絶対おすすめ。『メイズランナー』と『メイズランナー2』




posted by リンケン at 21:52| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする