2017年08月18日

『アッテ』初デビュー!?

不要になったものを、使いたい人に安く譲って、使ってもらうことは合理的。
『ヤフオク』はよく使うし、『メルカリ』も一度やったことがある。
ちまたでは『アッテ』というオークション?がはやっているとか?
商品を郵送するヤフオクやメルカリと違い、会える範囲の人に
これ要りませんか?って連絡するシステム。会える範囲は自分で決める。
もちろん商品は、会って、手渡すシステム。

よく知らなかったけど、ある日、ヌンキキが、『アッテ』でお皿を落札した。
「ふ〜ん」って思っていたら、「出品者が家までとりに来いと言っている」、
「怖いから一緒に来て」とのこと。
....
約束の時間に指定の家に着く。
指定された家は、少し朽ちてカーテンは閉まり、ちょっと変わった家。
「代わりに行ってくれる?」とヌンキキ。
代金を持って、おそるおそるお宅のベルを押すと、誰も出てこない。

ヌンキキが出品者に電話すると、お宅はそこではなく、その先のお店だった。
無事料金をお渡しして、お皿をゲット。
もう『アッテ』は懲り懲りとのこと。

お盆の休みに不要品がいっぱい出てきた。
これはアッテをやってみようと思い、出品してみる。
ポイントはコンビニとか公共の場で受け渡しすることのような気がする。
...
落札されても、来なかったりして、この辺が『ヤフオク』『メルカリ』と違う。
ようやく本日、初めて商品が売れて、料金を頂いた。
来なかった人はメールが雑だった人。
取りに来た人は、メールの連絡も的確だった人だった。

yellowcone.jpg
2000円で売れた6年着なかったバイクジャケット

オークションで値が上がる『ヤフオク』、一定価格で、登録が簡単な『メルカリ』。
『アッテ』は、商品の登録がスマホで一分くらいでできて、一番簡単。
落札者と会って商品が確かめてもらえるので、その後のトラブルがない。
自分にとって不要なものでも、使ってくれるので、『あまりもの』の処分には最適。

欠点は二点。
・知らない人から家に来いと言われることもある。
・『ヤフオク』に比べると、参加者が田舎では圧倒的に少ない。

まぁ、ヤフオクみたいに手がかからないから、大掃除の後の反省
(何でこんなもの買ったんだ?)には、最適かも?


posted by リンケン at 17:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする