2017年01月15日

壊れた jawbone UP2 その後

お気に入りだったJawbone UP2、日々の歩数や睡眠時間を記録してくれる。

ロープ部分が切れてしまい、またしても寿命かと思ったら、

Amazonの購入記録をさかのぼると11ヶ月の保証期間内だった。

Jawboneに連絡すると、保証書と壊れた写真を送ってと連絡がきて、

2ヶ月ほったらかしだったら、先日、新しいのが届いた。

素晴らしい!感謝!


実は、iPhoneやApplewatchをつけだすと、万歩計とか健康管理のソフトが

充実しているので、もうUPは卒業か?とも思った。

ところが、iPhoneの睡眠管理ソフト(Sleep Meister)では

何時間寝たか管理してくれるけど、深い眠りと浅い眠りの時間までは

表示するけど、管理してくれない。


笑うなかれ、睡眠時間が短くても、深い眠りがしっかりとれれば、

日々の活動には支障ないことに気づいたのは1年前。

反対に、仕事のストレスで、長い時間寝ても、深い眠りの時間が

短かったりすると、次の日辛かったりする。

なんとか深い眠りの時間を管理したい!

で今回はUPmoveを購入した。ヌンキキからは安物買いの...と言われた。


UP.jpg

UPも大バーゲン状態で、UP2で3千円、UP moveで3千円以下


UPmoveは腰につけるタイプで、腕輪をしたくなかったので、ちょうど良い。

7gで、おまけに電池交換も3ヶ月くらいとか...

正確さが心配だったので、ヌンキキの古いUPを腕につけて、

UPmoveの睡眠記録と2日間比べてみた。

腕につけた古いUPの方が夜中のトイレも記録して正確だったけど、

深い眠りの時間はほぼ同じだった。


UPとUPmoveの睡眠時間比較.jpg
深い眠りの時間をUPとUPmoveで実測したら、変わらんかった

意外だったのは記録された歩数が、AppleWatchの歩数記録に比べ

腰につけたUPmoveでは1/3くらいに減ったこと。

最初はUPmoveを疑ったのだけど、腰のケースに入れたiPhoneの

記録歩数と、UPmoveの歩数はほぼ同じだった。

ApplewatchサイドとiPhone7、UPmoveサイドの

どちらの歩数が正確なのかはさておき、これまで2年くらいの

感覚では腕につけたAppleWatch2に軍配をあげたい。


そう言えば家に来た新しいUP2はヌンキキが使うらしい!

テニスをやった日は13000歩にも達するそうな!凄い!



posted by リンケン at 20:55| Comment(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: