2017年03月26日

図書館の魔女 久々のあたり!

実験工事のまとめもほぼ終わり、ほっとしたところ、本が読めるようになった。

読めるようになるという言い方もなんだけど、忙しい時は本を

手に取っても頭に入らない日々が続いた。


そんな中で久々に本屋で見つけたのが、高田大介の『図書館の魔女』。

第45回メフィスト賞受賞作。帯ではいろいろな人が絶賛している。

まぁ読んでみるかと、1巻を買って読み始めると、これが大変面白い。

一気に4巻までほぼ1週間で完読した。


toshokann.png


映画化されるだろうけど、マツリカを誰が演じるのか?

遠い昔のどこかの国にすむ高い塔の魔女が、周辺の国の争いを鋭い英知で

解決していくお話なのだけど、登場人物のそれぞれに癖があって

伏線も効いていて、よくできたお話だった。

ハリーポッターに一番近いかな?

ちょっと漫画チックかもしれないけど、58歳一気読みだった。


特に揚水機や灌漑などを使った土木工事の話なんかを読むと、

これを書いた人は、博学なんだなぁって感心してしまう。

文庫本四冊で4千円近い出費なのだけど、次作の『鳥の伝言』は

5千円超え!えぇ〜どうしようと思っていたら、

なんと市の図書館で貸し出し可能だった。

それはそれで、作家に申し訳ない気もしている。
posted by リンケン at 09:07| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: