2017年03月29日

『図書館の魔女 烏の伝言』最高の時間!

ネットの書評を見ると『図書館の魔女』に対して、

ボーイミーツガール的小説といったものがあった。

多少反論はあるが、否定もできない。

その後どうなるか知りたくて読んだのが『烏の伝言』。凄いの一言


前作『図書館の魔女』が描く、国を納める人々の三国の争いとは全く違う世界。

前作で一ノ谷、アルディッシュ、ニザマの三国の争いの結末に、

実際に影響を受けた人々の逃避行を描いた作品。

近衛兵たち、荷を運ぶ剛力たち、道案内の鼠たちプラス姫御前が

よく分からん廓(くるわ)から逃げる、また逃げる。

前作も面白かったけど、超がつくほどリアル!


karasu.jpg


650頁の大作だけど、月曜の出張から読み始め、ホテルで読んで、

飛行機で読んで、新幹線で降り遅れそうになるほど読みまくって、

三日目で読み終わり。とても残念!

前作のように伏線があちこちに効いていて最高で、もっと読みたい!

近衛、剛力、鼠、悪の遣手まで、それぞれに矜持があって素敵!

弁えと書いて(わきまえ)が大事なキーワード。


こんなに頁をめくるのが幸せだったのは久々。

読み進めるうちに、剛力のワカン、エゴン、近衛のツォユ、カロイ、

鼠のファンたちが考えていることが手に取るように分かってくる。

本当にのめり込んだ三日間だった。北欧の『ミレニアム』以来の傑作。

ハリーポッターも面白いけど、目じゃない。

なんで直木賞じゃないのか?読み手が少なかったから?


こんな面白い小説なのに、どこにも売っていないって何故?

読みたくて、図書館で借りてしまった。

定価2700円なのに、何故かamazonで中古15,000円って何故?


posted by リンケン at 23:32| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: