2017年04月05日

浮遊霊ブラジルは今三、世の中にたやすい仕事はないは楽しみ!

津村記久子先生の新作に胸が躍った。

「浮遊霊ブラジル」(未来世紀ブラジルではない)

「ただ生きてきた時間の中に溶けていくのはなんて心地いいこと

なのだろう」と言う帯の言葉は、津村ワールドらしくて最高!

早速購入!


burajiru.jpg

こちらは大好きな映画未来世紀ブラジル」


残念ながら短編集。

どの作品もアイディアは良いのだけど、中途半端感!

「給水塔と亀」「うどん屋..」は良かった。

連作だったら凄く良かった気がする。

「浮遊霊ブラジル」もアイディアは最高なのに、何故かあっという間に

終わって成仏してしまったのが残念!

先生、しっかりしてね?ファンがいるから。


前作「世の中にたやすい仕事はない」もネットの評判はいいけれど、

初期の「カソウスキの行方」とか「ポトスライム」に比べると雲泥の差。

今三の出来だと思う。

その前作の「エブリシング・フロウズ」はとにかく繊細で最高の出来。

ティッシュを重ねたような日常の出来事に心揺れ、登場人物の善意に涙する。

素晴らし作品!


tayasui.jpg
主役は真野恵里菜さん

とはいえ、NHKで「世の中にたやすい仕事はない」がドラマ化!

明日4月6日23時ーBSプレミアムなのだ。

人ごとでなく嬉しい!快挙!!!!




posted by リンケン at 21:08| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: