2017年07月02日

エスプレッソかネスプレッソか?

コーヒー豆を電動の臼ミルで直前に挽いて淹れると

コーヒーがとてもおいしいことに気がついた。

これに気づくまで50年もかかった。


だけど、喫茶店で飲むエスプレッソはまたおいしい。

あの濃さと味が家ではうまく淹れられない。

ネットで調べると、ネスプレッソという機械があるらしい。

簡単にエスプレッソが淹れられるとか?

ネスの豆のカプセルを使うらしい。


ヤフオクで調べるとそう高い機械でもないし、カプセルも一個80円くらい。

購入してみる。


ネスプレッソ.jpg

エアロチーノも泡立ちよくおいしい。


早速、到着。カプセルも20個ついてきて、操作も簡単。

色とりどりのカプセルがかわいい!

さっそく、レバーを上げ、カプセルと水をマシンに入れて、レバーを水平に。

どちらかのボタンを押すと、switchON、次にエスプレッソのボタンを押す。

「ガッガガッー」という音とともに、カップにエスプレッソらしきものが...


飲んでみると、本当にエスプレッソで濃い!

もたれるほど本当のエスプレッソの味では?

砂糖とクリームでいつもの味。


私もコーヒー飲みたいというヌンキキ、お湯多めのルンゴを淹れてあげる。

「まずい!インスタントでしょ、これ!」と手ひどい。

「どうせヤフオクで手放すんだから、箱を捨てんでね!」

手厳しいなと思っていたら、翌日。

「簡単に飲めるから、いいよね!」とのお言葉。

さっそく、鼻唄交じりでカプセルを選んでいた。

コーヒーもエスプレッソも簡単にやや本格の味なのがいいようで...

我が家の定番になりそう。


エスプレッソは日に何杯も飲まないので、1カプセル80円には納得。

それでも調べると、ネスの特許きれで類似カプセルの「CAFE ROYAL」は

ネットで一個60円。

さらに3500円で繰り返し使えるステンカプセルも...

このステンカプセルも使ってみたけど、濃いさが今一だった。

豆を選んでみよう!


nesu1.jpgnesu2.jpg


こんなのもこんなのも、ネスプレッソ


それから、ネスプレッソには古い機械もいろいろあって、

スタイリッシュな現行品に比べて、ごみごみして素敵!

購入の際には、インテリアとして比べるべき!

今とても満足している。



posted by リンケン at 20:57| Comment(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月09日

ソーダストリームってエコな選択だと思う!

我が家は炭酸水の消費が凄い。

日に1Lの炭酸を1本消費する。

一番多いのが『ハイボール』や『炭酸ジュース』...

炭酸水って20本で2,000円くらいだから安いんだけど、

配達してもらうのも気が引けるし...

CO2ボンベにしちゃうと、ボンベの購入にお金がかかりそう。


雑誌で『ソーダストリーム』を知ったのが3ヶ月前で、ネットでいろいろ調べると、

いろんなところで2000円でCO2 ボンベを新しいのと交換してくれる...

購入店の店員さんはボンベはもって一ヶ月くらいですよ

って言ってたけど、費用は前と同じくらいか?と考えていた。


ソーダ.jpg
購入したのは一番安い手動のセット!高い奴は、スイッチも電動だった!!

で、実際はどうだったのか?

購入したのが8月27日で、ボンベを使い切ったのが、11月4日だった。

2ヶ月と7日ももってしまった。約70日もったぞ〜

炭酸水の消費頻度は1日1Lで、ブーブーと二回音が出るまでCO2ガスを注入。

予備の水はいつも1L冷蔵庫に入れて、CO2を入れる前に一日冷やしてた。

なんか美味しい!


今回初めて空になったボンベを近所のK's電気のサービスカウンターに持ち込むと、

すぐに新しいのと交換してくれた。

ボンベを捨てずに近所で交換してくれるシステム。

そこなんだよなぁ〜

これまで欲しいなぁと思いつつ、手を出さなかったのはボンベの寿命と

交換コストが分からなかったこと。

商品的にはまったく新しくないけど、このシステムはこれまでになく簡素で便利。

よく考えていると思う。ほかにもあるかもね....


シャーロット.jpg
最近、TVでもCMが流れている!売れて売るのか?

一番変わったのは、ペットボトルのゴミの量!

前は、空ペットボトルゴミが毎日でていたのに、今か皆無!これは凄い!

一番凄いことかも、とにかく満足している『ソーダストリーム』



posted by リンケン at 22:49| Comment(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月21日

『バリスタ』たかがインスタントコーヒーのくせに...

バリスタがうちにやってきた。
職場でも使っていて、インスタントコーヒーのくせして結構おいしい。
ヌンキキがほしいと言ってたのだけれど、持っている知人の『バリスタ用ではない、
普通の安いフリーズドライのインスタントコーヒーを使ってます』という一言が
決め手となり購入した。

この普通でないお得な使い方って奴にどうしようもなく惹かれてしまう。
ミラーレスカメラを買ったら、古い一眼用のレンズを付けたくなり、
液晶が壊れたノートPCにわざわざ液晶だけ購入して直したくなり、
後で冷静に考えると結構高いものについていたりする。
それでもお得な使い方、こんなこともできるとよ!と言う一言に弱い。

barisuta.JPG
豆乳ラテとバリスタとヌンキキの装置?

インスタントコーヒーをおいしく淹れられるようにしたネスカフェの技術はすごい。
けど、せっかく売ろうとした高いネスカフェのインスタントコーヒーは売れず、
他社の安いフリーズドライに市場を取られてしまうのではないかと思う。
結局、我が家もヌンキキが他社フリーズドライが使える装置?を作って
ネットで買った安いコーヒーをバリスタに入れている。
それでも、豆乳で作ったラテは本当においしいくて、
単純だけど、これまで無かったすばらしい機械だと思う。



posted by リンケン at 21:32| Comment(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする