2018年06月13日

「鹿の王」 またもや至福の時間!?

駅で時間つぶしに買ったのが,上橋菜穂子の「鹿の王」。
3年前の大嫌いな本屋さん大賞受賞作。
どうせ....と思いながら読み出すと...面白い!

新幹線、在来線を乗り継いで3時間の出張旅もあっという間。
残りをネットで買ったのに、探したら近くの図書館にあったので
借りて、到着前に完読してしまう。

sikanoou.jpg

なんでか図書館の児童文学において合った。
精霊の守り人、バルサの話によく似た古い異国のお話。
はじめはふ〜んと思ったけど、登場人物が複雑で魅力的!悪者も?
図書館の魔女ー烏の伝言とアウトロー的な登場人物たちがよく似ている。
完読後、思わず続編が出ていないか、確認してしまうほど、
面白いし、続きがでそう感ありの終わり方だった。

今まで「本屋さん大賞作だから....」と遠ざけていた自分に腹立つ!
時間がある人、特に旅に本を持って行く人には是非お勧めの一冊。
出張の移動のための時間が短くなります。

本との面白い時間に最近なかなか出会わない。
どこかに、おいしい本ないかな?

posted by リンケン at 21:36| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月21日

京極夏彦『ヒトごろし』..土方歳三のファンになる

厚さ5cmを超える分厚い本。京極夏彦の新作『ヒトごろし』。
土方歳三の生涯をたどった本。
始まりは日野宿の若かりし歳三、まるでサイコなヒトごろし。
この辺は、いつもの京極色満載、サイコチックに描かれている。
ヒトを殺したい...歳三の描写が気持ち悪すぎて、読み進まない。

ところが、近藤勇と京に登ぼるところから、俄然面白くなる。
清河八郎、芹沢鴨暗殺、新撰組創設、池田屋事件..と歴史にある事件が続く。
とにかくヒトをころしたいサイコな歳三が、近藤勇をコントロールして
歴史の裏を暗躍する。面白い!あまりの時代にサイコ色薄らぐ?
だって新撰組が、ヒトをころせばころすほどに幕府や会津からの評価が高まる。

hitogorosi.jpg


ところが、薩長との戦が激しくなり蛤御門から新撰組も戦争にかり出される。
そうすると土方はつぶやく「戦なら新撰組の出る幕ではない。役回りが違う..
刀でどうにか出来るのは人の命だけだ。」戦争嫌いな土方歳三。

新撰組の隊員のことも、莫迦(ばか)ばかりで使い物にならないとうそぶく。
京極夏彦の描くサイコ歳三がとにかく面白い。
だって、本当は佐幕とか尊皇とか関係なく、ただのヒトごろしだもの。
勝海舟とのやりとりも面白かった。
「お前は殺しても罰せられねぇ仕組みを作りたくて新撰組をこしらえたんだな」

江戸城開城から五稜郭まで逃げたのは知っていたけど、
宇都宮を焼け野原にして、会津で養生したのは知らなかった。
榎本釜次郎などの莫迦(ばか)ばかりと戦う五稜郭も初耳ばかりで面白い!

Hijikatatoshizo.jpg


幕末だからこそ許されるサイコな土方歳三。
いつも言われるように極悪人の土方ではない、サイコな土方。
京極夏彦の描く土方歳三のファンになってしまった。
千ページを超える大作は、超が付くほど面白かったけど、時間かかってしまった。

posted by リンケン at 21:07| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月01日

amzonは好きでないけど、Kindle端末 が便利!

昔、山奥の工事現場に出張したとき、夜が暇で、
本読みて〜と思ったことが何度もある。
特に、2巻とか読み終えて、3巻が読みたくて仕方なかったり!

ゼネコンではiPadでメールを読むのがはやりで、いつでも
どこでもiPadを携帯しなければいけない。マスト!
だいぶ前に、こっそりamazonの読書ソフトKindleを入れてから、
いつでもどこでも、ネットから本を買って読むことが出来るようになった。

緊急の時だけ、iPodアプリのKindleで本を読むことが多かった。
山の中とか、本屋がないところね....
何故、緊急時かと言えば、やっぱりホントの本の方が読みやすい。
特に老眼には、紙のページが目に優しい。

ところがである。
ある書店で目にしたのが、ペーパー液晶端末『Kindle』の驚くほどの
読みやすさ!軽さ!小ささ(16×11.5cm)!160g!で、即購入。
以来、amazonで本を購入して、Kindle で読む生活。快適!

kindle.jpg
新品で8000円くらいか?本好きには、その価値あり!

ペーパー液晶端末『Kindle』の良いところ:
・どんな厚い本でも、Kindle に入ってしまう。
・何パーセント読んだのかいつも教えてくれる。
・読みやすいペーパー液晶。
・本屋で買うより、20%くらい安く買える。

ペーパー液晶端末『Kindle』の悪いところ:
・図書館にある本もついamazonで買ってしまう。(面倒くさいし)
・最新刊では、kindleにない本が多い。
・お古の本を息子に回せないし、ブックオフで売れない!

Kindle、鞄に常備してるくらい便利。
これまでは日系の楽天とかYahooを優先しようと思っていたけど、
ここまで便利になると、amazonが嫌いとか関係ない。
それほどの優れもの!
posted by リンケン at 23:06| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする