2014年06月23日

ショートブレッドて言うらしい、おから入りですが....

ダイエットのために始めた『卯の花』作り。
近所の豆腐屋さんで買ったおから(¥50)はそうにはなくならない。

で、はじめたのが、おからを使ったビスケット作り。
ネットでいろんなレシピを検索して試したけれど、どれもイマイチ。
おからを主人公に据えるとどうもうまくいかない。

だんだん熱中してきて、次のビスケットを作るために完食。
で、できましたおいしい+おからビスケット。

材料:
薄力粉 180g
米粉 20g (片栗粉でもOKらしい)
炒ったおから(ほぼ乾燥状態で)20g たった!でも結構な量
砂糖 大さじ3杯(30g)
塩 ひとつまみ
マーガリン 60g70gが正解(ヌンキキ情報ではショートニングの方がさくさくとか)

お好みで つぶしたアーモンド (ナッツの中では一番おいしかった)100円ショップの一袋分
あるいは
チーズ (クリームチーズ30g15gの場合マーガリン-10g+4個100円のチーズ2個)

作り方
@マーガリンを湯煎で溶かす
Aマーガリンの中に薄力粉+その他の粉を入れる
B手でこねる ぼそぼそするから牛乳か豆乳を小さじで少し(入れない方がさくさく)
Cラップにくるんで平らにして、冷蔵庫で1時間たったら、アーモンドかチーズを加える
E包丁でキャラメル2個サイズに切り分ける
Fオーブン170度で25分21分程度でできあがり(熱くしすぎないことが重要)
 次に使うおからも一緒にオーブンで乾燥すると省エネ。炒って乾燥させると保存1週間可!!

ショートブレッド.jpg
ヌンキキによると青島製作所のイメージセンサ『エデン4』ならロウソク一本でOKらしい


おいしくしようとすると、炒ったおからを加えても薄力粉の10〜20%が限度
ちょっと堅くてさくっとしてて、毎朝3粒いただいている。
ポテチとはここ一ヶ月ご無沙汰。
会社でおなかがすいたら、これ一粒。
実は毎朝、タニタの体重計にのるのが楽しみ。
ショートブレッドを常備してから(ポテチ、豚バラ肉、ビールもやめたら)、
体脂肪17%に安定してとてもうれしい。

posted by リンケン at 00:27| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月10日

博多で2週間過ごすと...

昨今の人手不足から、福岡で2週間お仕事になった。
さて泊まるところである。

もともと赤字プロジェクトということで、できる限り安いホテルを探して...
見つけたのが【エトスイン博多】
http://ets.5star-e.net/index.phtml
ネットから予約すると、朝食付き3900円〜。
博多駅から徒歩5分。
おそるおそる泊まってみると、ちょっと部屋は狭いけどふつーのホテル。
女性客や学生も多く、工事関係者もいて夜勤もOKとのこと。
今回、10泊で4万円なり。安すぎ!
このホテル、この他のサービスも哲学的に安かった。
我が家のように拠点として利用して、しかもリラックスできた。

仕事はそこそこ大変だったけれど、普段あえない親戚のみんなや旧友とも
食事ができて、充実した2週間だった。本当にお世話になりました。

2週間も福岡にいたのは30年ぶりだったが、なんでも美味しい街だった。
お刺身、セイロ蒸し、水炊き、らーめん、うどん、もつ鍋、ブタバラ、馬刺し...
仕事柄、あちこち廻るけど、これほどいろんなものが味わえるのは福岡くらいだろう。
その日の夕食に何を食べるのかとても楽しみだった。

ウェスト.jpg
ウェストのメニュー ヌンキキも学生の時お世話になったそうな


多かったのは、博多ラーメンと焼き鳥だけど、
一番多く通ったのはうどんの【ウェスト】で、
一番食べたのは【おろしかき揚げぶっかけ(溫)】490円!
これ本当に美味しい。汁が美味しくて、パリッとした海鮮かき揚げの油と絡んでもう絶品!
東京では味わえない美味しさだと思い、4回もかよった。
この点、自分の貧乏舌をありがたく思った。



posted by リンケン at 12:44| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月30日

大田原の銀杏もなか 美味しすぎ!

大学にお邪魔するときにお菓子を持って行くのだけれど、
空港で適当においしげなのを手土産にしていた。
先日訪れたのは、大田原の「亀田屋」さん。
久しぶりに前を通ったので、中をのぞいたら、美味しそうなまんじゅうたち。

kameda.JPG
大田原市役所側のベイシアのうらて、昔ながらの店構え
DSC_0258.JPG
大福も美味しいけど、いつも売り切れ!

壁に表彰状、ソーダまんじゅうや銀杏最中が大臣表彰とか取っていたので思わず、購入。
ヌンキキといただく。
もなかの皮が薄くて、餡がぎっしり。半分が栗あん半分がつぶあん。
一つ食べると大満足。ヌンキキ大絶賛!!!
こんな近くに、こんなにおいしいものがあったことに驚く。

ichou1.JPG

ichou2.JPG
衝撃のうまさ!普通のもなかじゃなく絶品!

そんものかと思い、近所の某おかし屋さんで、もなかを買ってみる。
ヌンキキに食べてもらうと、「なにこれ?皮が厚くて美味しくない!」
そんなに違うものか?と食べてみると、銀杏最中とは全く別物。美味しくない!

「おいしいよね。お父さん作ってんの?」って聞いたら、
あんこが難しいんだよねぇ、とのこと。手作りだそうである。
普通千円くらいのお菓子はちょっと持って行けないけど、
亀田屋の10個入り1100円は、とっても価値ある手土産だと確信。
研究室向けに箱入りを購入。適当はやめて、これからは銀杏最中に決まり。

美味しいくてついつい食べちゃうから、もう買ってこんで!とはヌンキキのお言葉。
春になっても銀杏のかたちで続けるのか?ヌンキキの疑問。
後継者いるのか?亀田屋さんにがんばって欲しいなぁ〜

posted by リンケン at 19:57| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする