2017年01月01日

apple watchでsuicaアプリが突然使えなくなったら...

apple watchを着けだして、何が便利かと言えば、

@SUICAを使って、JR、バス、コンビニで買い物ができる

AJawbonesと同じように、日々の生活の活動量が見える。

B着信やショートメール・Lineがいちいち携帯で確認せずに、手元で見れる。

これにつきる。本当に便利。


よく考えたら、@Aは画面いらずの機能、画面みるのは時間確認がメイン。

今考えると42mmの大画面?ではなく38mmの小さい方でよかったなぁ。

少しお高いステンレス製にしておけば、もっと手荒く使えたかなぁ。

そんなではあるけど、大満足なapple watch2。


充電スタンド.jpg
充電スタンドはいろいろあるけど、横向きのを買う。
夜間、横にすると、上の写真のようにナイトウォッチになる

ところがである。

ある日、iPhone7のOSをバージョンアップしたところ、

suicaアプリを開いても、『suicaカードを削除中です。』と表示されるだけ。

C105(だっけ?)エラーが表示されてsuicaが使えなくなった。

画面のどこを押しても全く動かない。


一番困ったのは、どこの誰に電話して、対応を聞けばいいのか?

JR東日本?それともapple?

どっちも対応してくれそうもなく、JRに電話しても話し中でつながらなかった。

apple watchのアプリは使えないものの、カードには残金が1520円。

この時点でapple watchの価値はほぼ0。


残金1520円が惜しくて、2週間触らなかったが、今日なおったので報告!

メモしておらず、記憶で曖昧なとこはお勘弁!


@iPhone7のsuicaアプリを削除して、再インストール。

A前に登録したsuicaカードをあきらめて、新しいsuicaを登録する決意。

B前のカードを削除(したような?しなかったような?)

C新しいsuicaを登録始めると、なぜか前のカードが現れ、

 残金1520円があることが表示され、前のカードが復活。

DiPhoneのapple watchアプリから、suica機能を追加する。


大事なのは、残額をあきらめ、新しいsuicaを追加する決意をすること。

身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ!



posted by リンケン at 21:52| Comment(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月24日

Apple Watch 2 その後...

最近の車には燃費表示とかついている。 バイクさえも....

スピードメーター横のダッシュボードに燃費が示されると、なんだか

急アクセルを踏むのを躊躇してしまう。燃費が伸びないし....


同じで、Apple Watch 2 も身体に関わるいろんな数値を表示して、記録する。

睡眠時間や歩数、心拍数を記録するのは、JawabonesもFitbitもSonyも得意だけど、

体重や体脂肪率、登った階段の数まで一元管理するのは便利。


熱中して、仕事していると、深呼吸タイム!とか言ってくる。

1時間座っていると、そろそろ歩けとか、ちょっとうざいけど、気に入っている。


Jawbonesの活動量計のおかげで、睡眠時間が少し長くなったし、

ためしてガッテンのやり方で一晩の寝返り数を増やしたら、

深い眠りが長くなったことが活動量計から明らかになった。


知らなくても、生活の改善はできるけど、体に関するいろんな数値を

計ることで生活がもっと改善される。


 aw2.jpg
グレーの革バンドをつけた。重さは65g。
 aw1.jpg
一度手首からはずすと、暗証番号を聞いてくる。38mmモデルは小さくて大変だろうなぁ

ところで、Apple Watch 2 の気に入っているところ

・なんといってもSuicaは便利。

 JR東日本ならキオスクからコンビニ、自販機まで手首でピっが可能で、財布いらず。

・良いもから悪いものまで、純正でないオプション品(バンドやカバー)が無数にある。

 自分だけのApple Watch を作ることができる。

・使いやすい活動量計

・google Map :はじめての場所に向かうのに手首にピッピッと曲がり角を合図。

・気分で自由に変えられる文字盤。

 ただし、従来の腕時計のデザインにとらわれない文字盤があっていいと思う。

・仕上げがSmartWatchのなかで別格に良い。たとえばSonyのs××なんかと....


気に入らないところ

・アルミボディと強化ガラスは、分かっていたけど、傷つきそうで、怖い。

 ステンレスモデルは3万くらい高いけど、サファイアガラス製で傷つかない。

・手首に着けるたびに、暗証番号を聞いてくる。他人は使わないのにめんどくさい!

・電池の持ちが悪く、毎晩充電が必要。

 寝てる時手首に時計がないので、夜中に時間が分からない


一番嬉しいのは、最先端の技術を身にまとって使っていることかも?


余談になるが、先日、ヌンキキから、もう使わないから、

いるならiPod touch あげると言われた。2009年製の8年前のモデル。

8年前のモデルなのに、bluetoothは使えるし、電池の持ちも良い。

バージョンが上がるごとに、操作性が変わるwindows と大違いで

8年前のでも使い方は今のiPhoneと全く同じで、使いやすい!

S.ジョブスの仕事の完成度の高さに再度驚かされた。

いただきもののiPod touch、大事に使おうと思う。ヌンキキありがとう!



posted by リンケン at 22:41| Comment(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月19日

とうとうApple Watch series 2の登場!その1

10年以上使ってきたカシオの電波時計に飽きてきたので、

機械式の時計でも買おうかなぁと思っていたら、帰郷した娘から

Apple watch の方ができることが多いよ!と言われる。

そういえば、携帯もSonyのXperiaからiPhone7に変えたし...


同僚に聞くと、機械式の時計は数年に一度メンテが必要で

その度に、Apple watch が買えるくらいのコストがかかるらしい。

Apple watch も2年ごとに新型がでるので、毎回買い換えると同じくらい?


出張の際に立ち寄った銀座のApple shop で実物を見せてもらう...凄くきれい!

今まで見てきたスマートウォッチと違う次元。

見せてもらったはNiki モデルの42mm,黄緑の穴がボツボツのやつ!

欲しかった黒の(スペースブラックと言うらしい)ステンレスモデルは、

2万くらい高くて、朝入っても、夕方は売り切れで在庫がなかった。

どうせ2年と割り切り、Niki モデルを購入。ステンより3万くらい安かった。


Nikemodel.jpg
一度仕事場に持って行ったけど、誰にも気づかれず、違和感なし!

5日間使ってみた感想。

・Suicaは導入が面倒だったけど、すこぶる便利!

 切符がなくても手首だけで改札を通り抜けられるし、バスでも使える。

 しかも、新幹線の発車前にキオスクで素早くビールとつまみが買える。

・左利きだけど、Apple watch を右腕に着けるために、画面を上下反転して、

 リューズの位置を左側に変えれた。凄い!

・歩いた歩数はJawboneのUPと10%くらいの誤差。どちらが正しいかは不明。

・画面サイズ42mmと38mmのどちらかで悩んだけど、手首14cmと細い自分でも

 42mmで重さやサイズに違和感がない。皆、42mmでOKだと思う。

・そろそろ動け!とか走った距離、立ってた時間、心拍など、健康管理に必要な数値を

 教えてくれる。座っていたら、そろそろ歩きなさいとか、ちょっとうざいけど...

・コンビニまでのルートを探したり、体重を管理したりApple watch でできて便利。

・腕に小さなコンピューターを着けている感じ!


ベルトに関して

・Niki モデルのベルトは思ってたより、柔らかくて感触がいい!

 G-shockのゴムベルトとは大違い!

・革ベルトが欲しくて、ネットで買ってしまう(他社製の方が安くて高機能)。

・Appleのベルトは色の選択肢が少なく、コスパが悪い。サードパーティのアダプタを

 つけると、普通の時計バンド幅24mm (42mmモデル)が取り付け可能に!


最近、建設業界でも、よくお目にかかるのが、JawboneとかFitbitの

ライフログ装置たち。

最近の車は燃費がボードに表示されるので、ついつい省エネモードで走ってしまう。

ライフログたちも、歩いた歩数とか寝た時間とか、脈拍、呼吸数、熟睡時間とか

教えてくれるので、生活が変わる!この話は次に!



posted by リンケン at 23:49| Comment(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする