2017年04月16日

メット購入!OGKカブト asagi マットブラック

前から欲しかったジェット型のヘルメット。

4月なのに、暖かかった今日、宇都宮のライコランドで

OGKのasagiを購入した。


マットブラックに比べて、光沢のあるメットは

傷が付きにくく、洗浄しやすいそうな。

結局、人の話を聞けず、マットブラックを購入し、

帰り道の40km、装着してみた。


asagi.jpg


アライのCT-Zを悩んだけど、グラフィックの差でasagiの勝ち。


・良かったところ

これまでずっと、アライのフルフェイスだったので、

視野の広さに驚き、メットの軽さにちょっと驚き。

いつもなら、慣れるまで頭のどこかが痛くて、

痛いところを削ったりしていたので装着感の良さに驚く!

太陽に向かうときにカラーシールドがさっと降りる。

メットの色使いがかっこいい!


・どうかと思ったところ

フルフェイスと比べると風切り音が若干大きい。

遠くのクラクションとか女性の悲鳴みたい?

シールドの脇から風がメットに入ってくる。

コンタクトをしていると、少しだけ目が乾く。(目薬必須)


上野のショップではなかなか試着が難しかったけど、

ライコランドではヘルメットを持っていたら、

『試着して良いですよ』って店員さんが声をかけてくれた。

3000円ネットより高かったけど、この心使いにぐっとくる。

この一言に、『今日買って帰ろう』って思ってしまう。

意気に思うって、分かって貰えるかそれこそ、分からんもんね!


さぁ、いよいよ寒くないバイクのシーズン!到来なり!



続きを読む
posted by リンケン at 21:35| Comment(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月10日

バルカンS転倒。エンジンガードに救われる

来週末に卒業35周年の集まりが開催される。

場所は熱海で、往復600km。

バルカンでも見せびらかしたろか?と思い、ソロツーリングを計画。

買って一ヶ月なので少し慣れておこうと、会社の駐車場でUターンの練習。


30分くらいしたとき、『フルロックッ』と念じつつ、低速で傾けたら、転倒した。ゆっくり...

いつもならどこかパーツが折れてないか心配のはずが、

今回はにっこり・安心!だって、エンジンガード付けてるもん。


koketa0.jpg
おみごと!
koketa1.jpg
よく見るとエンジンガードとリアバックで支えられている
kizu.jpg
きずはガードのここだけ

転倒した車体は、エンジンガードと後ろに付けたバックで支えられていた。

予定通り、問題なし。特にステップには支えられていない。

前のディバージョン650で立ちゴケしたときはステップが折れた。


次なる課題は、一人で起こせるか?

なんせ公称225kg。

前に自力で起こせなかったディバージョン650(エンジンガードなし)が211kg。

エンジンガードのおかげで少し傾いていて水平ではない。

最近は筋トレもしてるし、前より、筋力はあるはず...


まず、サイドスタンドを出して、力を込めると、むくっっと車体が起きた。

これが水平だと起こせない。

10回は起こせるくらいの荷重だったので、全力の80%くらいの力か?

自力で起こせることは何があっても対処できそうで嬉しかった。

これもエンジンガード様々のおかげなり。

vulcanS_8@wall_paper.jpg

バルカンS 壁紙
vulcanS_5@wall_paper.jpg
壁紙 オリンパス・フリーソフト OI.shareのドラマチックトーン 素敵!

さて、エンジンガードも付けたし、タンクバックも新調して、Uターンも自信ありで

同窓会に行って見せびらかしと思ったら、ヌンキキから『あら、週末は60%雨らしいよ』。

トホホ.....である。




posted by リンケン at 17:34| Comment(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月12日

バルカンSにエンジンガード取り付け。DIMOTIV DI-EG-KA-08

先日の転倒は、後ろのウィンカー破損ですんでラッキーといえばラッキー!

初日からタンクなんかが凹んだらぞっとする。

と言うわけで、エンジンガードを取り付けることにする。

ネットで調べると、バルカンSのエンジンガードには2種類あって、それぞれ3万と4万。

値段は高いが、左フットシフトと右後ろブレーキが守られるDIMOTIV製を選ぶ。


DIMOTIV製のは部品が20個くらいあって、ちょっと難しそう。とりあえずチャレンジ。

さぞ重いのだろうと想像していたら、翌日届いたのは靴2足分よりちょっと大きい箱。

開けてみると取説はA4で一枚、しかも写真は小さいのが5枚。

さすが外国製。4枚の写真がどこの部分か理解するのに20分くらい実車と比べ、

ようやく理解する。

写真では、オイルタンクカバー、ラジエータカバーがはずされているけど、

D,Eの写真を見れば、カバーをつけたまま取り付けられるのがわかる。


箱の中.jpg 
丸の中がそれぞれ、左と右のパーツ
torisetu.jpg
説明と写真はこれだけ!売る気はあるのか?

要するに、エンジンガードの3パーツ(左・右・中央)を除けば、取り付けるパーツは

左右、2パーツずつ。これを理解したら、簡単だった。

まず左、フットペグのブラケットの2個のボルトをはずして、三角パーツを取り付けるとき

元のワッシャー2個をつけるのを忘れないよう注意!右も同じ!

ここまで作業開始から20分。


左の2パーツ.jpg
2つのパーツをつけるだけ
右の2パーツ.jpg

右はもっと簡単

last parts.jpg

そしてラストパーツも簡単!

右へ、ブラケットのボルトを2個同時にはずすとちょっとつけるのが面倒なので、

後ろのボルトをはずして、三角パーツをつけ、前のボルトをはずして、

新しいボルトで固定すると簡単。ここで作業時間30分。

あとは、エンジンガード3パーツを取り付けて、40分。

心配していたほどではなかった。


できあがり!.jpg

見た目もよいでしょ!

走ってみると、シフトのあとで靴の先がエンジンガードに当たるときがあるが、問題ない。

できあがりは格好いい。これで安心してこけることができる。

GOOD JOB!

追記:
エンジンガードをつけたことで安心してフルロックターンの練習ができるようになった。
vulcanS_4@wall_paper.jpg
エンジンガードをつけたVulcan_S wallpaper


続きを読む
posted by リンケン at 20:06| Comment(5) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする