2017年03月26日

古屋のグレードアップ:トイレ編

ある日曜日、リビングでゆっくりしていたら、

ぬんききがウォシュレットからお湯が出ない、って

言いながらトイレから飛び出して来た。


ウォシュレットが壊れたらしい。

築18年だから仕方ないね....と言ったら

ぬんききはトイレのカタログとにらめっこ。

今度のは自動で蓋が開くのがいいね!なんて言っている。


数日後、大きな荷物がネットショップから届いた。

『あ〜、それ新しいウォシュレット便座だから、付けてね』とぬんきき。

『便座なんか付けたことないし、どうしよう』と思っていると、

『ネットで調べたら、簡単に付けれるらしいよ』と、ぬんきき。


その数日後、ようやく重い腰を上げ、設置にかかる。

まずは、既存の便座外し。水洗の水道を止め、

水道からウォシュレット便座に分岐している配管をはずし、

両脇のプラスティックボルトをはずすと、意外にも簡単に外れた。


設置は、水道からの配管を新しい便座に取り付け、ボルトを2カ所取り付ける。

設置前に一番悩んだのは、前のがINAX製、新しいのがLIXIL製(旧INAX)なので

水道の分岐管と便座の取り付けパーツが合わんとどうしようということ。

なんのなんの、配管パーツはやはり同じで、ボルトを締めるだけで簡単接続。


玄関.jpg

昨日はメール便用の新しいポスト基礎を打設

古屋のグレードアップ:第二弾!


おおよそ40分でほぼすべての取り外しと設置が完了。

以前、中国の旅行者がウォシュレットを土産に買っていくと

ニュースで観て違和感を感じていたけど、こんなに簡単なら納得!

新しいウォシュレットは、消臭やマッサージ機能などずいぶん進化してた。

今は、トイレに入ると蓋が自動でウィ〜ンとあくのが嬉しい。







post.jpg
出来上がり
posted by リンケン at 11:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

図書館の魔女 久々のあたり!

実験工事のまとめもほぼ終わり、ほっとしたところ、本が読めるようになった。

読めるようになるという言い方もなんだけど、忙しい時は本を

手に取っても頭に入らない日々が続いた。


そんな中で久々に本屋で見つけたのが、高田大介の『図書館の魔女』。

第45回メフィスト賞受賞作。帯ではいろいろな人が絶賛している。

まぁ読んでみるかと、1巻を買って読み始めると、これが大変面白い。

一気に4巻までほぼ1週間で完読した。


toshokann.png


映画化されるだろうけど、マツリカを誰が演じるのか?

遠い昔のどこかの国にすむ高い塔の魔女が、周辺の国の争いを鋭い英知で

解決していくお話なのだけど、登場人物のそれぞれに癖があって

伏線も効いていて、よくできたお話だった。

ハリーポッターに一番近いかな?

ちょっと漫画チックかもしれないけど、58歳一気読みだった。


特に揚水機や灌漑などを使った土木工事の話なんかを読むと、

これを書いた人は、博学なんだなぁって感心してしまう。

文庫本四冊で4千円近い出費なのだけど、次作の『鳥の伝言』は

5千円超え!えぇ〜どうしようと思っていたら、

なんと市の図書館で貸し出し可能だった。

それはそれで、作家に申し訳ない気もしている。
posted by リンケン at 09:07| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月26日

トランク一つで『旅籠屋』生活

昨年の11月からはじまった実験工事も一息つき、あと少しで完成に。

トランク一つでホテルや旅館を渡り歩く生活もあと一週間となった。

とにかく一泊5000円以下の安宿で過ごそうと思ったので、『○○屋』とか

『○○ホテル』とか、いろんなところに泊まった。

安くて清潔で朝食や夕飯がついているのはいいけど、

トイレや風呂が共同で、朝が早いので、5時頃からばたばたしている。


そんな中で見つけたのが、『旅籠屋』チェーンの宿。

これまで泊まってきたホテルや旅館と違い、アメリカの映画に出てくる

モーテルみたいな造りで、全国どこの旅籠屋も一緒らしい。

スリッパや歯磨きも何もないけど、広くて清潔、トイレバス付きで一泊5400円。

連泊で掃除なしにすると4600円までまけてくれる。

鍵を渡されて、一週間ほったらかし。

デロンギの挽きたてコーヒーが朝と夜、飲み放題なのもいい。

今回の後半の宿は旅籠屋を利用した。本当に感謝の宿。

hatagoya0.jpg

全国どこでもこんな感じ

hatagoya1.jpg

全国50店舗なそうな


ようやく実験工事も終わりに近づき、あと一週間で那須に戻れる。

そんななか、事務所で図面を書いていると、いきなり社長から電話が。

『よくやってくれたので社名に傷がつかなかった。ありがとう』

『4月から、那須の所長を任せたい。好きにしていいよ』とのこと。

しんどい一年だったけど、いきなりの昇進に驚く。


おかげさまで、4月から部下が増えることになった。

責任重大だけど、皆が幸せになれるようにがんばろう。

目指すぞ、怒りのデスロード....

なんか違うだろってヌンキキから言われそう。

posted by リンケン at 10:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする