2017年04月05日

浮遊霊ブラジルは今三、世の中にたやすい仕事はないは楽しみ!

津村記久子先生の新作に胸が躍った。

「浮遊霊ブラジル」(未来世紀ブラジルではない)

「ただ生きてきた時間の中に溶けていくのはなんて心地いいこと

なのだろう」と言う帯の言葉は、津村ワールドらしくて最高!

早速購入!


burajiru.jpg

こちらは大好きな映画未来世紀ブラジル」


残念ながら短編集。

どの作品もアイディアは良いのだけど、中途半端感!

「給水塔と亀」「うどん屋..」は良かった。

連作だったら凄く良かった気がする。

「浮遊霊ブラジル」もアイディアは最高なのに、何故かあっという間に

終わって成仏してしまったのが残念!

先生、しっかりしてね?ファンがいるから。


前作「世の中にたやすい仕事はない」もネットの評判はいいけれど、

初期の「カソウスキの行方」とか「ポトスライム」に比べると雲泥の差。

今三の出来だと思う。

その前作の「エブリシング・フロウズ」はとにかく繊細で最高の出来。

ティッシュを重ねたような日常の出来事に心揺れ、登場人物の善意に涙する。

素晴らし作品!


tayasui.jpg
主役は真野恵里菜さん

とはいえ、NHKで「世の中にたやすい仕事はない」がドラマ化!

明日4月6日23時ーBSプレミアムなのだ。

人ごとでなく嬉しい!快挙!!!!




posted by リンケン at 21:08| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月29日

『図書館の魔女 烏の伝言』最高の時間!

ネットの書評を見ると『図書館の魔女』に対して、

ボーイミーツガール的小説といったものがあった。

多少反論はあるが、否定もできない。

その後どうなるか知りたくて読んだのが『烏の伝言』。凄いの一言


前作『図書館の魔女』が描く、国を納める人々の三国の争いとは全く違う世界。

前作で一ノ谷、アルディッシュ、ニザマの三国の争いの結末に、

実際に影響を受けた人々の逃避行を描いた作品。

近衛兵たち、荷を運ぶ剛力たち、道案内の鼠たちプラス姫御前が

よく分からん廓(くるわ)から逃げる、また逃げる。

前作も面白かったけど、超がつくほどリアル!


karasu.jpg


650頁の大作だけど、月曜の出張から読み始め、ホテルで読んで、

飛行機で読んで、新幹線で降り遅れそうになるほど読みまくって、

三日目で読み終わり。とても残念!

前作のように伏線があちこちに効いていて最高で、もっと読みたい!

近衛、剛力、鼠、悪の遣手まで、それぞれに矜持があって素敵!

弁えと書いて(わきまえ)が大事なキーワード。


こんなに頁をめくるのが幸せだったのは久々。

読み進めるうちに、剛力のワカン、エゴン、近衛のツォユ、カロイ、

鼠のファンたちが考えていることが手に取るように分かってくる。

本当にのめり込んだ三日間だった。北欧の『ミレニアム』以来の傑作。

ハリーポッターも面白いけど、目じゃない。

なんで直木賞じゃないのか?読み手が少なかったから?


こんな面白い小説なのに、どこにも売っていないって何故?

読みたくて、図書館で借りてしまった。

定価2700円なのに、何故かamazonで中古15,000円って何故?


posted by リンケン at 23:32| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月26日

古屋のグレードアップ:トイレ編

ある日曜日、リビングでゆっくりしていたら、

ぬんききがウォシュレットからお湯が出ない、って

言いながらトイレから飛び出して来た。


ウォシュレットが壊れたらしい。

築18年だから仕方ないね....と言ったら

ぬんききはトイレのカタログとにらめっこ。

今度のは自動で蓋が開くのがいいね!なんて言っている。


数日後、大きな荷物がネットショップから届いた。

『あ〜、それ新しいウォシュレット便座だから、付けてね』とぬんきき。

『便座なんか付けたことないし、どうしよう』と思っていると、

『ネットで調べたら、簡単に付けれるらしいよ』と、ぬんきき。


その数日後、ようやく重い腰を上げ、設置にかかる。

まずは、既存の便座外し。水洗の水道を止め、

水道からウォシュレット便座に分岐している配管をはずし、

両脇のプラスティックボルトをはずすと、意外にも簡単に外れた。


設置は、水道からの配管を新しい便座に取り付け、ボルトを2カ所取り付ける。

設置前に一番悩んだのは、前のがINAX製、新しいのがLIXIL製(旧INAX)なので

水道の分岐管と便座の取り付けパーツが合わんとどうしようということ。

なんのなんの、配管パーツはやはり同じで、ボルトを締めるだけで簡単接続。


玄関.jpg

昨日はメール便用の新しいポスト基礎を打設

古屋のグレードアップ:第二弾!


おおよそ40分でほぼすべての取り外しと設置が完了。

以前、中国の旅行者がウォシュレットを土産に買っていくと

ニュースで観て違和感を感じていたけど、こんなに簡単なら納得!

新しいウォシュレットは、消臭やマッサージ機能などずいぶん進化してた。

今は、トイレに入ると蓋が自動でウィ〜ンとあくのが嬉しい。







post.jpg
出来上がり
posted by リンケン at 11:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする